エイジングケア美容液で有名なリペアジェルのファンデを知っていますか?評判を口コミから探ります!

お肌の乾燥は栄養不足が原因?必要な栄養素とは

お肌が乾燥してしまう原因の一つに、『栄養不足』があります。
お肌の潤いを保つために必要な栄養素が足りていないことが、カサカサ肌につながってしまうんですね。

そこで、カサカサ肌改善のためにとりいれたい栄養素についておまとめいたしましたので、ご覧ください。

 

美味しくて肌にも良いレシピ紹介!


ビタミンC

お肌によいと知られているビタミンCは、カサカサ肌改善にも有効な栄養素です。

ビタミンCには、お肌の潤いやハリを保つコラーゲンを生成する働きがあります。
このビタミンCを取り入れることでコラーゲンの生成が促進され、乾燥肌が改善するんですね。

ビタミンCが含まれている食べ物としては『レモン』が有名ですが、それ以外にも『パプリカ』や『アセロラジュース』などにも含まれています。

100gあたりのビタミンC含有量は赤ピーマンや黄ピーマンなどのパプリカが特に多いです。

食卓の彩りも良くなるため、毎日の食事に取り入れていきたいですね。

ビタミンE

エイジングケアに効果があると知られているビタミンEも、カサカサ肌改善に効果がある栄養素です。

ビタミンEには、血行の促進や新陳代謝の活性化、エイジングケアに効果があると注目されている抗酸化作用などがあります。

カサカサ肌の下にある健康な新しいお肌を表面に出すためにも、お肌の新陳代謝を促進することが有効です。

また、肌表面で残っている古い角質を落として新しいお肌に代わることで、お肌が本来持っているバリア機能も働くということも、カサカサ肌改善に有効な理由の一つです。

ビタミンEが多く含まれている食べ物としては、『アーモンド』・『ナッツ類』・『ゴマ』などです。

また、『あん肝』や『すじこ』などにも多く含まれています。

おやつとしてでも食事としてでも摂り入れやすい栄養素であるというのは、カサカサ肌を改善したいという方にとって嬉しいですね。

 

ビタミンA

健康のためにもよいと知られているビタミンAも、カサカサ肌改善に有効な栄養素です。

ビタミンAにはお肌の潤いを保つ働きがあり、乾燥対策にぴったりな栄養素だと言えます。

ビタミンAが多く含まれている食べ物には、『レバー』・『青魚』・『乳製品』・『卵』などがあります。
特に、鶏肉のレバーには非常に多くのビタミンAが含まれているのでおすすめです。

また、人参やモロヘイヤなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれているので、毎日の食事に取り入れるのがおすすめですよ!

セラミド

美容液などに含まれていることもあるセラミドも、カサカサ肌改善に有効な栄養素です。

角質層に存在している脂質であるセラミドには、外部の刺激からお肌を守るバリア機能としての働きや、角質層の水分を保つという働きがあります。

この働きは、どちらもカサカサ肌改善に必要なものです。

セラミドの働き自体は知っていても、食事から摂り入れるということは知らないという方も少なくありません。

実は、『こんにゃく』や『大豆などの豆類』、『ひじき』や『わかめ』など、様々な食材に含まれています。

『米』や『小麦』にもセラミドは含まれているのですがあまり量は多くないため、サプリメントなどを使用して上手に摂取をするというのも一つの方法です。

 

α-リノレン酸

聞いたことがないという方も少なくないα-リノレン酸も、カサカサ肌改善に有効な栄養素です。

この栄養素は細胞膜を作る原料やセラミドを作るセラミドを作る原料となります。
つまり、潤いのある健康なお肌を作るもととなるということですね。

『アマニ油』・『エゴマ油』・『魚油』などに多く含まれているため、普段の料理に使う油を変えたり、サラダのドレッシングとして摂り入れるのがおすすめです。

あなたのお肌は乾燥している?乾燥していると出る症状とは

関連記事