エイジングケア美容液で有名なリペアジェルのファンデを知っていますか?評判を口コミから探ります!

乾燥改善におすすめ!上手な加湿のやり方

お肌が乾燥していると感じると、ついつい『加湿しなきゃ!』と思ってしまいがちですよね。
でも実は、加湿のやり過ぎはお肌の乾燥にとって逆効果になってしまうこともあるんです。

そこで、過加湿がダメな理由や上手な加湿器の使い方などをご紹介したいと思います。

 

 ➡ 乾燥改善には食べ物も大事!必要な栄養素とは?

 

過加湿は乾燥を引き起こす

過加湿がダメな理由として挙げられるのが、『乾燥を引き起こすことがある』というものです。

お肌の潤いとは、お肌の表面ではなく角質層や真皮層に水分などが保持されていることをさします。

加湿器による加湿の場合は、肌表面に蒸気がつくことで『潤っている』と錯覚をしているのです。

この肌表面についた蒸気は、やがて空気中に蒸発していきます。
この時に、元々お肌の表面にあった水分も一緒に蒸発してしまいます。

また、毛穴や角質の間がひらいてしまい、より乾燥しやすいお肌になってしまうこともあります。

お風呂上りにケアをせずそのままでいる状態だと考えていただければよいですね。
そのときはよくても、時間がたつとお肌が乾燥していると感じます。

これらの理由から、過加湿はお肌の乾燥によくないと言われているんですね。

 

適度な加湿が必要

過加湿はよくないものの、冬などの乾燥している季節には適度な加湿が必要です。

適度な湿度は40%~60%です。
この湿度に保つことでお肌や髪などが渇いてしまうことを防ぎ、乾燥肌改善もはかることができます。

これよりも高い湿度にしてしまうと、過加湿によってお肌が乾燥しやすくなったり建物や家具などにカビが発生しやすくなったりするので、その点には注意をするようにしましょう。

また、加湿器をつけていてもお肌の中の水分量は増えないため、加湿器とは別に保湿ケアにも力を入れるようにしましょうね。

 

加湿器の上手な使い方

お部屋の加湿をするときに欠かせないのが加湿器です。
そこで、上手な加湿器の使い方をご紹介したいと思います。

 

部屋の中央付近に置く

加湿器を置く場所としては、『蒸気が広がりやすいのでは』と考えてエアコンの近くに置いている方も少なくないのですが、実は部屋の中央付近に置くのがおすすめなんです。

エアコンの吹き出し口の近くは、部屋の中でも特に乾燥しやすい場所です。

この場所に加湿器を置くことで『もっと湿度を高くしなければ』と必要以上に蒸気が出てしまい、結果として過加湿状態になってしまう可能性があります。

部屋の中央部分に置くことで部屋全体をまんべんなく適度な湿度に保つことができるので、加湿器を置く場所は部屋の中央付近がおすすめなんですね。

 

顔の近くに向けない

加湿器を使う際に注意をしたいのが、この『顔の近くに向けない』ということです。

加湿器の吹き出し口の近くには蒸気が多くあるために『潤っている』と感じやすいのですが、これは先ほど説明した過加湿状態になっているからなんです。

つまり、『蒸気でお肌が潤っている』と感じている分、その蒸気が蒸発したときには乾燥を感じてしまうんです。

そのため、加湿器を使用する際には顔の近くに向けないように注意をしましょう。

 

しっかりと清掃をする

加湿器は部屋の湿度を高めるため、雑菌などが繁殖しやすい家電です。

清掃をしないで使用していると、部屋全体に出している蒸気にのって、その雑菌などが部屋の中に広がってしまいます。

その結果として、お肌の乾燥が改善されないだけではなく、咳や目の痛みなどの体調不良が引き起こされることもあります。

そのため、加湿器の清掃はこまめにおこなうように心がけましょう。

 

あなたのお肌は乾燥している?乾燥していると出る症状とは

関連記事