エイジングケア美容液で有名なリペアジェルのファンデを知っていますか?評判を口コミから探ります!

肌乾燥の改善には、お風呂の入り方が大切だった!

一日の疲れを癒すお風呂。
このお風呂の入り方でも、お肌の乾燥を改善することができるんです。

今日は、乾燥改善におすすめなお風呂の入り方や上がった後のケアの方法などをご紹介していきたいと思います。

 

脱衣所・お風呂場に温度に注意

お風呂に入る前の脱衣所やお風呂場の温度には、乾燥を改善するポイントがあります。

それは、『あたためておく』ということです。

お肌は非常にデリケートです。
そのため、急激な温度変化を感じてしまうとその温度変化に刺激され、かゆみなどを引き起こすことがあります。

冬場に寒いところから暖かいところへ移動するとかゆみを感じることはありませんか?
これは、お肌への刺激や血行が急によくなったことなどによって引き起こされているんです。

同じようなことがおこらないために、脱衣所やお風呂場をあたためておくことが必要なんですね。

脱衣所やお風呂場をあたためておくことで、ヒートショックを予防することもできるという利点もあります。

お肌は優しく洗う

体を洗う時には、『優しく洗う』ということを意識するのがおすすめです。

お肌をごしごしと強く洗ってしまうと、お肌を守っている皮脂までも落としてしまい、乾燥を悪化させてしまうことがあります。

また、ボディタオルなどを使ってこすってしまうと、繊維によって細かい傷がつき、乾燥悪化だけではなく肌荒れなどの肌トラブルの原因となることもあります。

そのため、体を洗う時には手のひらやたっぷりの泡などで、優しく洗うということを心がけることが大切なんです。

 

あなたのお肌は乾燥している?乾燥していると出る症状とは

 

乾燥がひどい場合にはシャワーを当てすぎないように

体を洗う際に注意をすることとして、『乾燥がひどい場合にはシャワーを当てすぎない』ということがあります。

シャワーは、小さな水の粒が勢いよくお肌に当てられます。
水の粒が当たるたびに、お肌は刺激を受け続けています。

その結果、お肌が乾燥しやすい状態になってしまうのです。

実際に、乾燥がひどい方や乾燥しやすいアトピー性皮膚炎の方には、シャワーを直接当てないようにと指導をしている皮膚科もあります。

そのため、乾燥が気になる方は必要以上にシャワーを当てないように注意をすることがおすすめなんですね。

お風呂の入り方にも注意

お風呂の入り方としては、『熱すぎるお湯に入らない』ことと『長風呂に入らない』ことがおすすめです。

熱すぎるお風呂につかっていると、お肌の水分が多く奪われてしまい、お肌の乾燥につながります。

これを防ぐためには、体温よりも少し高い38度前後のお湯につかるのがおすすめです。

42度などのお湯につかってしまうと乾燥状態を悪化させてしまうため、お湯の温度には注意をするようにしましょう。

また、長風呂をすることによって、角質層がふやけてお肌の保湿成分が流れ出し、乾燥してしまうことがあります。

目安としては15分程度ですね。
これ以上つかっていると、その部分がやけて同じような状態になるため、半身浴であっても長時間つからないように注意をしましょう。

 

お風呂上がりはすぐに保湿ケアを

お風呂を上がってからは、すぐに保湿ケアをするようにしましょう。
5分以内の保湿ケアが望ましいです。

お風呂に入る前と比べて、お風呂上がりのお肌は乾燥しやすくなっています。
そのため、少しでも早くケアをする必要があるのです。

タオルを押し当てるようにタオルドライをしたら、化粧水や乳液、ボディクリームなど、自分の肌に合ったスキンケア用品でケアをするようにしましょう。

 

 ➡ 乾燥予防はファンデからおすすめファンデ紹介!

関連記事